:::

機内持ち込み禁止物品

航空機内は全面禁煙です。また携帯電話、トランシーバー、各種リモコン(例えば、ゲーム機のリモコン等)、CDプレイヤー、その他電波発信電子用品の使用が禁止されています。これ以外に、ビデオカメラ、電子ゲーム機、パソコン及び周辺機器、計算機、ラジオ、テレビ、電子髭剃り機等の電子製品も国内線では全行程使用が禁止され、国際線では離陸及び着陸時(1万フィート以下の飛行)に使用が禁止されています。


下記の物品は飛行安全のため機内に持ち込むことができません:
 


物品の分類 物品の名称 備註
pic 引火物 

ガソリン、軽油等の燃料油、マッチ、ペイント、点火器等

禁止手提或託運上機
pic 圧縮ガス 
缶入りガス、潜水用酸素ボンベ、スプレーペイント、殺虫剤等
pic 腐食物(剤)
強酸性、強アルカリ性、水銀、鉛蓄電池等
pic 爆発物
各種銃器弾薬、花火、爆竹、照明弾等 
pic 毒物(剤)及び伝染物
殺虫剤、除草剤、活性ろ過性ウィルス等
pic 放射性物品 
自体、ウラン、ヨウ素、セシウム、コバルト、トリチウム核種のような材料の電離放射線のエネルギー、
pic 酸化物
このような漂白剤(水、小麦粉)、工業用グレードの過酸化水素
pic その他の危険物
磁化物(磁石)、攻撃性や刺激性を有す物品(例えば、刀剣、棍棒類、弓矢、護身用噴霧器等)
pic 盗難防止装置がついたブリーフケース或いは小型スーツケース


手提げ或いは身に携帯しての機内持ち込み、或いは預け入れが禁止されている物品
航空会社が同意しなければ預け入れできない物品
航空会社の同意なしに預け入れ或いは機内持ち込みできる物品 
航空会社の同意がなくても預け入れなければならない物品
国内に持ち込めない物品
国外に持出せない物品 
旅客の携帯が制限される電子通信物品
飛行或いは通信に影響する器材の種類及びその使用禁止規定


● 以上規定の最新バージョンは民間航空局のウェブサイトで確認してください
http:// www.caa.gov.tw/big5/content/index.asp?sno=358




 
Content